ジュエルミキ

menu
お問い合わせ
TEL

お問い合わせ

ご来店予約

お問い合わせ TEL:0120-1122-04

ブライダルジュエリーのご購入を機に、はじめてダイヤモンドを選ばれる
お客様のためにダイヤモンドの基礎知識についてご案内します。

  • ダイヤモンドの品質

    ダイヤモンドの品質を保証する4C。ダイヤモンドの4つの評価基準を表すCarat(重さ)、Color(色)、Clarity(透明性)、Cut(カット)の頭文字からきています。


    一般的に4Cの総合評価が高いものほど価値の高いダイヤモンドといわれます。しかし、それだけではダイヤモンドの魅力は表現できません。

  • Color 〈カラー〉 - 色

    ダイヤモンドの色は、無色のDから薄い黄色のZの順でカラーグレードが分類されています。ブライダルリングは無色に近いものほど理想的とされていますが、ピンクやブルーのファンシーカラーと呼ばれるダイヤモンドを好まれるお客様もいらっしゃいます。また、色味があるから質が悪いということではありません。

  • Clarity 〈クラリティ〉 - 透明度

    クラリティは、ダイヤモンドの透明度を傷や内部に見られる内包物(インクルージョン)の有無、その数や大きさをルーペなどで確認して評価します。欠点がなく透明度が高いものほど評価が高くなります。

  • Carat 〈カラット〉 - 大きさの目安

    カラットはダイヤモンドの重さの単位。1カラットは0.2gに相当します。一般的にカラットが大きいほど大粒とななるので、サイズや価格の目安として使われることがありますが、ダイヤモンドの価値はカット、クラリティ、カラー、+αによって決まるので一概にカラットだけでは判断できません。ブラダルリングでは、0.3カラット前後のものがよく使われます。

  • Cut 〈カット〉 - 輝きを決める

    ダイヤモンドの輝きを引き出すカット。表面の研磨状態や完璧なプロポーションが光を最大限にとらえ、あのダイヤモンド特有の輝きを生み出します。唯一人の技術によって決まる評価でもあります。


    当店で取り扱うウィリアムレニーダイヤモンドは、独自のカット技法で光の反射率を最大限に高めたもの、その輝きはぜひ店頭でお確かめください。

  • ダイヤモンドの選定

    ダイヤモンドの品質は4Cによって保証されます。しかし4Cだけでは評価できない価値があります。それは、「美しさ」や「魅力」のような機械的には判定できない個性のようなものです。

    当店では、世界的に権威のあるGIA G.G(宝石鑑定・鑑別士)の資格を持つ専門スタッフが4C以上の魅力を備えたダイヤモンドを厳選し、お客様にとって最高のダイヤモンドをコーディネートいたします。

前へ 次へ

BLOG

ブログ